便秘を解消するために心掛けてほしい5つのことがあります。

便秘解消

一つ目は生活サイクルを一定にすることです。便通も生活サイクルの一部と考えれば、大本のサイクルを一定にしないことには便通も整わず、便秘につながってしまうということです。最低でも睡眠時間と食事の時間はある程度決めて規則正しい生活を送る必要があります。

二つ目
は朝起きたら起き掛けに水を飲む習慣です。睡眠時間中は腸の活動も緩慢です。そのため眠っている腸を起こすのに有効的な手段として、起き掛けにコップ1杯の水を飲むことが大切。これによって朝の一定の時間のお通じがつきやすくなります。この水ですがミネラルウォーターでも構いませんが、炭酸水や水素水ですとより効果的かと思います。

三つ目は朝トイレに腰かける習慣です。一つ目の話に関係付きますが、便秘を解消するためには体にお通じをつける時間を覚えさせることが大切。そのために朝の同じ時間に便意を催さなくても10分程度腰かけて欲しいのです。腰かけた際にもう一つ行ってほしいのがおなかを”の”の字にマッサージすること。外側から”の”の字のマッサージで刺激を加えることで、腸が動きやすくなり便通がつきやすくなります。

四つ目
は水分の多めの摂取です。食事や間食の時間に限るのではなく、積極的な水分摂取が重要。便秘体質の人は腸内の水分は不足されがちです。モデルさんなど美容に気を付ける方も実践していますが、一日1.5?から2?位の水を飲むことを心掛けるとお通じがつきやすくなります。

五つ目
はこまめな運動です。どうしても便秘がちな方は特に体を動かす習慣が身についていない傾向にあります。一日30分程度の軽微な運動で良いので腸を動かすことを意識しながら運動することが大切です。便秘解消ストレッチ等自宅でできるものでも構いませんが、おススメは便秘解消ストレッチを加えながらのウォーキングです。

これらの対策を意識的に行うだけでも便秘は徐々に解消していくかと思います。もし下剤を服用中でしたら、これらの対策をしながら少しづつ下剤の量を減らしていくことで、最後には下剤要らずの健康な体になれると思います。